フリクションボールペンのインクが出ない時の復活方法|冷凍庫で冷やす?水に浸ける?空気を抜く?夏にインクが消える?薄くなったら?落とした時は?輪ゴムでも直る!?

フリクションボールペンと言えば、ボールペンなのに書いて消せるので、

学校やビジネスで好んで使われています。
でも案外すぐに、インクが出なくなってしまった事、ありませんか?

 

インクが出なくなる理由はいくつか有りますが、それぞれ簡単な対処法があるのでご紹介していきます。

フリクションボールペンのインクが出ない4つの原因

フリクションボールペンのインクが出ない理由は大きく4つに分類されます。

 

  1. インクが乾燥して先端が固まってしまった場合
  2. 空気が入ってしまった場合
  3. インクが高温になり質が変化した場合
  4. 落とすなど外的衝撃が加わった場合

 

一つずつ見ていきましょう。

インクが乾燥してしまった時は水に濡らす

フリクションボールペンのインクは水溶性です。

油性と違い、水性ボールペンのインクは乾きやすいです。

乾いてしまったら、ティッシュなどを濡らして、その上で溶かしていく感じで、ゆっくりインクを戻してあげてください。

乾燥の場合は、だいたいコレで解決します。

 

 乾燥の予防のために・・・

  1. キャップ付きの場合は、使ったら忘れずにキャップを締める
  2. ノック式の場合は、出来るだけケースなどに入れる

を忘れずに行いましょう。

インクの中に空気が入ってしまった場合の直し方

さて、インクの中に空気が入ることは、フリクションボールペンに限らず、普通の油性ボールペンでも起こります。

 

空気を出すには、ペンの先端を外側に、手で持って思い切り振ってください。このとき、インクが飛び散る可能性もあるので、必ずスーパーなどでもらうビニール袋などに入れて振りましょう。1度で書けなければ、何回かやってみてください。

 

また手で振る代わりに、輪ゴムを使ってブンブン独楽(こま)の要領で、ペンを高速で回すのも有効です。このときもペンをビニール袋などに入れて、飛び散らないようにやってみましょう。

インクの色が消えてしまったら冷凍庫に一晩寝かせます

製造メーカーのPILOTによると、フリクションボールペンのインクは60℃になると無色になり、マイナス10℃以下になると元の色が復元しはじめ、マイナス20℃前後でインクの色が戻るという特性を持っています。

 

フリクションボールペンを日の当たる場所や、暖房器具のそばに置いていると、高温のためにインク自体が無色透明になってしまいます。こうなると、書いても書いても、無色のインクが出てしまい書けません。これを直すには、マイナス20℃程度の冷凍庫に一晩以上放置すると、インクにまた色が戻ります。

 

ですから、もしインク自体が無色透明になってしまったら、お家の冷凍庫(冷蔵庫ではない)に一晩入れて冷やせば元に戻ります。やってみて下さい。

落としたり、ペン先が変形してしまった時

落としたり、踏んづけたりして、ペン先にダメージが生じてしまった場合は、よほど状況が良い場合をのぞき、復旧は難しいでしょう。修理を試みてダメなら、残念ですが買い直すしか手はありません。

まとめ

フリクションボールペンを壊してしまった場合を除き、インクが乾燥したのか?空気が入ってしまったのか?高温でインクが無色透明になってしまったのかを判断するのは、以外と難しいです。

 

なので、簡単な方法から順にやってみる事をおすすめします。冷凍庫に入れるのは一晩掛かるので、まずは濡れた紙の上でペン先を濡らしながら書いてみる。だめならビニール袋に入れて振り回す。それもダメなら、冷凍庫に一晩入れてみるのが良いと思います。

 

すぐに新品を買い換えるのではなく、簡単なことからやってみて下さい。意外と簡単に戻りますよ。